遺品整理サービス業者の提案

遺品整理と着物

介護施設で聞いた話

遺品整理サービス業者の提案

老人ケア施設勤務しています。

勤務先の施設が昨年リニューアルと増築され、新しい建物で快適に仕事ができています。

ケア施設はどんどん新しい施設が建設されていますが、まだまだ入所待ちの方がたくさんいます。

いくら施設ができても追いつかない状態です。

増築された分、あらたに施設に入所する人たちの動きもひととおり落ち着いたというところです。

施設に入る人はいろいろな家庭環境があります。

家族のいる人いない人さまざまですが、施設ではひとつの家族として憩いの場になれるよう職員も努力しています。

増築された部分に入所してきた男性は、昨年奥様を亡くしこの施設に入ってきました。

奥様は踊りをやっていたので扇子や着物などがたくさんあったそうです。

自分も足が不自由なので遺品整理サービスの業者に依頼して、奥様の遺品整理をしたのだそうです。

子どももいないので奥様の着ものや扇子をどうしたらいいか、遺品整理サービスの方に聞いてみたのだとか。

捨てるのではなくリサイクルショップなどに買い取ってもらい、大切にしてもらう人の手に渡るのが奥様にとって幸せなのではないでしょうか?と言われたそうです。

なるほど遺品整理サービスの人が言うことは一理ある、とリサイクルショップに買い取ってもらったそうです。

遺品整理と着物 Copyright (C) campominutemen.com. All Rights Reserved.